リメ衣ク。タイトル
   
はじめに

リメイク術

どうぐ

おやくだち

そのた

TOPTシャツのリメイク >デザイナーデニムで遊ぶ。

デザイナーデニムで遊ぶ。トップス編

用意するもの:ダイロンデザイナーデニム、コップ、筆

リメイク費用:約1000円

リメイク時間:1時間

デザイナーデニム が一本あればかなり遊べます。

持っている服の中で、インパクトが欲しいなぁと思ったものに

デザイナーデニムを使ってみました。

ジーンズ以外に使ってみるのもいいですよ。

まずは準備。付属のビニール手袋をして

粉の入っているボトルに表示されている線まで水を入れよく振る。

これだけで準備完了です!


デザーナーデニムのボトル1デザーナーデニムのボトル2

これがボトル。水、Water、AQUAなどの文字が表示されていて、

「あっ、水を入れればいいんだな」とわかりやすいんですが、

WASSER(ドイツ語) AGUA(スペイン語) EAU(フランス語)の表示まで...

ヨーロッパあたりで人気なのかなぁ。

と思ったら箱にMade in England(イギリス)と書いてありました。なるほど。



黒Tシャツを筆でブリーチ

筆にデザイナーデニム溶液をつけて黒いTシャツに描いたもの。

溶液は筆につけやすいように容器にうつしておきましょう。

付属の筆は使いにくいので、習字の筆を使いました。

ただし、使用後は毛先がボッサボサになってしまうので高いものを使わず、

100円ショップで「デザイナーデニム用の筆」として一本買っておくといいでしょう。



次に、全体が紺色で地味めなパーカーを、脱色したらちょっと

水色ぐらいになって良いかな、と思っていざ溶液をかけて、手もみしてみると・・・<


パーカー脱色

なんとまぁ、ブラッディな仕上がりに。

まさか赤くなるとは・・・(正確には少しうすいワインレッドのような色)

そこがまたブリーチの面白いところなんですよね!

はぁビックリしたぁ...


つづいて、チェックのシャツ。

ネルシャツはフランネル(軽くて柔らかい毛織物)生地のものを言う。 これはどっちかといえば中間ぐらい。

元は左の写真ような緑~黄色だったんですが、

溶液をかけた場所は肌色~ピンク系の色になりました。


この他に、ジーパンとチノパンに使ってみました。合計5着(本)。

デザイナーデニムをジーンズ一本に丸ごと使うより、

いろんなものにちょっとだけ使うなら、いっぱい楽しめますよ!


リメイクメニュー

TOPページ--- Tシャツのリメイク--- ジーンズのリメイク--- アクセサリーのリメイク


リンク

デニムマン  ジーンズ工房・Gamushara  色落ち追求型ジーンズサイトデニムギャラリー ジーンズサイト さめー

クリーニングと洗濯  アメ吉に古着の買取はお任せ下さい  ハンドメイド家族

ダイロンジャパン(染色用品) ユザワヤ (手芸・生地) クラフトワールド(手芸)  MARS16 on the web(Tシャツブランド) 古着屋サンキューマート(ショップ)

nomunomuのお洋服やさん  結婚指輪・婚約指輪の4℃ Bridal アジアのいかしたTシャツ  僕の見た秩序。  脱オタクファッションガイド 

バンダイナムコゲームス ララビットマーケット  ファッション通信  週刊ファッション情報


「リメ衣ク。」とは  メール サイト掲載の商品について

(C)2004-2014 まこ猫 All rights reserverd.